上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
また動画を上げてみました
SR秀長が使いたかったので使ったデッキですが…




続きから珍しく真面目っぽい事を長々と誰も読まないだろうにだらだら書いているので注意してくださいね
さて…今回の最後に私はクズ呼ばわりされてしまいました。
この言葉で私は少し傷つきましたが…それより私が特に気にせずにしている当たり前のような事で他人が不快に思っていた事も知る事ができました。
私はただ三国志大戦の時からの癖もあって、少しでも攻城力を上げれるなら上げるべきだとも思っていました。だから私は同じような事をされても別になんとも思わないですし、試合が決まっている時に計略を使われても、それが武力上昇系なら攻城力が上がるので別にかまわないと思います。流石に空うちをされると煽られたみたいで少しムッとしてしまいますが…

でも、私がそう考えていても、他の方が同じような考えな訳は無く、私の城門攻城も人によっては十分不快にさせる可能性があるという事実を認識しました。
実際、対戦相手には実際に煽っているかどうかなんてものはわからないです。当たり前ですが、ゲーム中の情報だけでしか相手を認識しないという事です。そして相手が不快に思う様な事は、常識として控えるべきものであるのに、私は今まで軽率な事をしていたようです。

やはり対人ゲームなので
勝ったら嬉しい
負けたら悔しい
…という事は当たり前ですが、やはりゲームは楽しいものであるべきだと私は思っていますし、勝ち負け以外の要素で、たとえ顔が見えない相手であっても不快な思いはして欲しくないと思います。ですから私なりに、自分がやられて嫌だった事はしないように心がけていましたが、これからはその一歩先…自分がどうとも思わない事でも他人が不快に思うかもしれない可能性を考慮して行動していかないといけないと思いました。

でも難しいですよね。ゲームを楽しむって言ってもやっぱり『勝ち』が素直に一番楽しいでしょうし。負けても満足な事もありますが、ほとんどは負けたら悔しかったりイライラしたりしてしまいますよね。私は少し勝率は下がるかもしれなくても楽しむ事が一番と考えていますが、当たり前のように勝つのが一番の人も沢山います。いろんな考えの人が一緒にゲームをしているというのもゲームだからこその醍醐味だとは思いますが、やっぱり勝ちたい人は普通は強いモノを使います。全勝出来る訳はありませんが、少なくとも勝率は上がります。当然私も強いモノばかり使う相手に負けるとやっぱり悔しいですが、勝つために強いのを使うというのは正しい事なのでそれは悪い事ではないと思いますが、中には強いモノばっかり使うのを毛嫌いする人もいます。自分の個性は無いのか…と。でも勝とうとしている人からすると、なんでそんなの使ってるんだ?…となる事もありますし、そもそも好きなのがたまたま強いのばかり…という事もあります。これが協力ゲームの場合だと勝ちたい人からすると自分の個性を出したい人は自分たちにとっては足手まといだったりしてやっぱり毛嫌いして…と、ゲームは楽しむべきものなのに、お互いにイライラし合って、悲しいですね。こういう時、正しい答えって無いのかなって思いますが、当然あるはずも無く、人の数だけ答えがあるんでしょうね。

当然ゲームだけの事に限った事ではありませんが…
たとえば罵詈雑言の類って、周りで聞いているだけでも気分がいいものではありませんよね?
でも本当に必要な時のものはいいとは思うんですが(仕事での失敗を叱ったりする時、諭すだけでは効かない場合もありますので)
たとえば前バスに乗っていた時、結構人が乗って何人も吊り革を持って立っている状態でリュックを背負った青年が吊り革に捕まって立っていました。あるおじさんがバスを降りようとして、人の間を抜けていこうとして青年のリュックに引っかかりました。私だったら「ちょっとごめんよ」とか言ってそのまま通るんですが、そのおじさんは「なんでリュック背おっとんねん!邪魔やろ!前とかにもっとかんかい!」みたいな感じで怒鳴りだしました。青年もはじめは無視していましたが(これも素直にすみませんって言えばそれだけで済んだ気もしますが)おじさんがずっと文句を言い続け、「にいちゃん!降りて話しようや!」と言うと「何でおりなあかんねん」と言い返しそのままバスは停車しっぱなしで車内の空気は最悪状態で、皆迷惑そうな顔をしていた事があるんです。

あんな大人になりたくないな…とか思ったりした訳ですが、でも悪口って、私は言っても言った自分が嫌な気分になるので出来るだけ言わないようにしたり、誰かを嫌いにならないようにしているのですが、当然口にしないとイライラが募る人もいるので、やはりしょうがないのかもしれませんね。

それで、私もそれほどじゃなくても周りに十分迷惑をかけている可能性を配慮して然るべきなんだろうな…と
実際小さな事を考えすぎたらどうしようも無いので(レジが込んでるから早く会計済まさないと…とか、改札で詰まってしまったりとか)、生きている以上迷惑は掛けて掛けられてだと思っているので、私は『どうしても許せない事以外は許そう』と考えて生きています。
実際どうしても許せない事って何だろうって考えると、意外と少なくて、そう考えると本当は世の中って許そうと思えば許せるような事がほとんどなんじゃないかなと思っています。まあ実際そんな訳にもいかなかったり、瞬間的にカッとなってしまう事はありますが、それでも怒りをぐっと一度抑えるように心がけています。怒りをぶつけたら解決する場合もありますが、殆どの場合悪化したり、解決せずにその悪口を聞いた周りの人が少し嫌な気分になるだけだと思っているので…まあ実際は何が正しいなんてものは無いんでしょうけどね。

さて…そろそろ何の話を書いているか分からなくなってきましたね。
結局何を書きたかったのか分からない感じになっていますね。
なんだか私は八方美人を目指しているみたいな記事な気がしてきました。
でも八方美人って、それはそれで八方美人を嫌う人もいますよね?たぶん。
この偽善者が!みたいな感じでしょうか。まあ私は自分の事は偽善者だと思っていますが…
ところで話は変わりますが、偽善者ってどう思いますか?
私は偽善って別に悪い事では無いと思っているんですが、どうなんでしょうね。
純粋な善意であろうと偽善であろうと、結果が同じであればその恩地を受ける側としては同じなんではないでしょうか?って思っています。
たとえば教会にあるお金持ちが多額の寄付をした。それが純粋な善意であったとしても、体裁の為であったとしても、寄付を貰う側としては同じだけありがたいのではないでしょうか?
困っている人を助けた時、素直に助けたいからなのか、近くにいる人にいいところを見せたいだけなのか、助けられた側からしたら同じように助かったのではないでしょうか?偽善みたいだから助けない、というのは結局助けないって事ですから、困っている人は結局一人で困る事になるんですよね。
そもそも偽善とは何でしょう。
私はそもそも世の中のすべては偽善で成り立っていると思っている人なんですが、それは私が善意とはつまり「情けは人の為ならず」と考えているからです。
人を助けたら巡り巡って自分に返ってくるので人を助けるのは自分を助ける事ですよ。って事ですが、私はひねくれ者なのでもう少し偏った考え方をしています。それは人を助けるのは自分の為という、ある意味少しも偏っていない考えなのですが、それはつまり、自分の体裁の為であったりとかでなくて、素直に困っている人を見捨てては置けない人は、関わるのが面倒で、助ける時に生じる面倒事が苦痛な方々と同じように、助けないという事自体が苦痛なので、自分がすっきりしたいから助けると思っているからです。当然の事ながらそれはいいことなんですが、やりすぎると「おせっかい」になってしまい、少し煙たがられる場合すらあります。でも何かしらの主人公などは「おせっかい」が多いので、やっぱり「善」の象徴としてはおせっかいというのは正しいのかもしれません。
また何を書いているのか分からなくなってみたのでネットで調べてみました。


以下、『フレッシュアイペディア』より引用

偽善(ぎぜん)とは、善良であると偽ることをいう。また、これを行う者は偽善者とよばれる。外面的には善い行為に見えても、それが本心や良心からではなく、虚栄心や利己心などから行われる事を指している。

〇心理表象にみる偽善
まず、自分の事を「偽善者」だと思う人は、外面的には自分を善と見せかけていても、実は内面的に悪であると知っている。したがって「偽善」とは、自己の悪の自覚を含む主観であり、自己の善性に対する懐疑から深い思索を生み出す事もある。逆から言えば、自己の善性に対する懐疑のない「善」は、時には「偽善」となってしまうことも、仕方が無いと言える。
一方、自己ではなく他者を「偽善者」と非難する人もいる。外面的には善と見せかけているが、その他者の内面の悪を見抜いてしまっていると言う場合と、善行に対する思慮の浅さを指摘する場合がある。前者の場合、他者の内面というのは外から簡単に分かるものではないから、その他者の中に悪を推定するだけで、善行に対して猜疑心を向けているに過ぎない事も多い。後者の場合、善行自体があまりよい結果を生み出さなかったことを指摘していることがあり、そうした場合は謙虚に受け止め、思慮の浅さを反省すべきである。
別の可能性として、内面的な事柄を度外視しても「偽善」が指摘されうる事もある。つまり、目立つところでは善い事を言ったり行ったりしていても、目立たないところでは悪事を行い、表面上の善を無にして余りあるような害悪をばらまいているような場合である。こうした時には表面上の善はいわゆる「きれいごと」であり、むしろ社会的に善行として評価されることなどによる自己利益が企図されていることもある。このとき「偽善者」という批判は、隠蔽された悪事を暴露して問題の本質を明らかにする。
ところが、こうした「きれいごと」を非難する声の中には、実質的な悪への関心が見られない事も稀ではない。人に先駆けて行う事を臆するあまり、結局は何も出来ないでいる者たちが、目立った行いをする者を「偽善者」だと嘲笑する(似非ニヒリズム)。ボランティア活動などは常にこうした困難に直面するが、「偽善」への深い思索に裏打ちされ、常に自分の行為の及ぼす影響に留意してなされる継続的な行為は、たんなる主観的な善悪の次元を超越したものになりうる。

========

やはり私がまとまらない頭で書くより分かりやすく書かれていますね。
そしてもっと色んな考えが載っていますね。
よくある野良猫に、鳥に餌をあげないでください。あるいは目の前の人を救っても、もっと広い範囲を変えていかないと根本的の救いではない。というタイプの話の考えも書かれていますね。
この事も考えれば考えるほど色々な事が考えれて、でも実際にその状況になって結果がでないと分からない話ですよね…


さて…もうだいぶ自分でも読み直す気が起きないくらい書いていてまとまりがなくなってきましたね。
とりあえず…「いただきます」や「ごちそうさま」など、色んなものに感謝しながら生きていこう、うん。
そして今よりもう少し周りを気遣えるようになろう。
きっと生きている限り人に迷惑は掛けてしまうでしょうし、怒らせてしまったりするでしょうけど、それ以上に誰かの助けれたり、くだらない話でも笑って貰えたらいいですね。
いつか私も死ぬのでしょう。明日かもしれないですし、100歳まで生きるかもしれない。けど、その瞬間まで楽しめたらいいですね。


……失礼
スポンサーサイト

2013.03.14 Thu l 戦国大戦 l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

No title
動画うぽつです!

動画見てきましたよー
自分も先日にSR秀長を引きまして
その効果が知りたかったので助かりました!

秀長君は太くて短い‼(意味深発言

大戦の戦況内容としては
なぜか一回目の火門がそのまま通ったり
あからさまな虎口を防がれたりと
ツッコミどころも見れたりしましたが
結果的には勝利できましたし
七本槍の使いどころも良かったと思いますb

あと、問題視されて批判コメもあった件ですが
最後の城門への移動の事でしょうか?

これはあくまで個人的な見解でありますが
最後の最後まで落城を狙う事は
決して悪い事ではないと思いますよ?

勝ち負けが確定してからの投了(?)も
勝手な相手の判断でありますし

例えば、例にも上がっていたりする
計略の空撃ちなんかにつきましても
ゲーム自体に「熟練度」なんかもあるので
それを考えると、それが一存に悪い事だと
言い切る事もできないでしょうし。

勿論、それは各々で考え方も違うので
優越は付けづらいかとも思いますし

そこまで気にする事でも無いので
後は、ご自分の判断で構わないと思いますよ!

もし、それでも気になるようでしたら
自分と一緒に「群雄厨」になりましょう!

いつでも仲間を募集中ですぞ‼
2013.03.16 Sat l YK=アギト. URL l 編集
No title
ながすぎw

あと70年くらいかけていろんなことに答えを出していきませう!!
2013.03.17 Sun l ちゃぶだい@フナバシ. URL l 編集
返信
>YK=アギト
SR秀長は正直なぜもっと使われないのか?ってレベルの強さです。効果も効果時間も申し分ないですしね。
たぶん日輪系との相性が悪いからでしょうが…

動画は内藤打ってくるって分かってて見損ねました(苦笑)
あれ見れてたら攻城食らわなかったのに…まあ結果勝てたからよかったんですがね

批判のはたぶん城門移動の事だと思います。カットインが入るのが原因かと…

まあ私もアギトさんの同じ考えなんですが、少なくともコメントした人はアレを煽りと受け取っているようなので、難しいですね…
…あれ?熟練度って計略の使用も関係するのかしらん?知らなかったじぇ…

群雄伝は上杉伝だけ全部こなして(もちろん難しいも)それ以外はあんまり…
今地味にチヨメ伝のイベントをこなしています

>ちゃぶだい@フナバシさん
正直長すぎですハイ
それなのにちゃんと読んでいるお二方に驚きを隠せない私

そうですね、100歳くらいになったら悟れるかもしれませんね(笑)
2013.03.18 Mon l シンえもん. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kampf.blog62.fc2.com/tb.php/458-6db0fe62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。